難波 心斎橋の居酒屋|味菜と呑処 遊食家

しゃぶしゃぶと言えば、ポン酢やゴマだれで食べるのが一般的。
それはそれで美味しいけれど、たれの味が強すぎて肉本来の美味しさが味わえない。それに夏に食べるとなると、ちょっとヘビーな気も…。

遊食家の“三元豚しゃぶしゃぶ”は、特製のつゆで食べるさっぱり味。だから、三元豚の旨味と甘味がしっかり味わえるうえ、食欲が減退ぎみの暑い夏でも箸がすすみます。

また豚肉には、スタミナの元になるビタミンB1が豊富に含まれているから夏バテ予防にもピッタリ。

遊食家の夏の新定番鍋“三元豚しゃぶしゃぶ”を、ぜひ一度ご賞味あれ。


産地ブランドとして有名な山形三元豚のバラと肩ロースを使用し、肉の旨味が十分に感じられるように、一般的なしゃぶしゃぶ肉よりも少し薄めの0.8mmにスライス。また冷凍肉ではなく生肉を使用しているので、鍋にアクが出ません。 パスタのボンゴレビアンコの要領で作ったあさりの出し汁にそばつゆを合わせた、まろやかで深い味わい。三元豚の旨味と甘味が引き立ち、肉本来の美味しさが口の中に広がる特製つゆです。
肉を3?5秒鍋にくぐらせたら取り皿に上げ、たっぷりの白髪ネギ(生のまま)を肉で巻いてつゆにつけて食べるのがオススメ!
三元豚の甘味とネギの苦味、つゆの旨味が絶妙にマッチ。また肉の柔らかさとネギのシャキシャキ感といった異なる2つの食感が美味しさを引き立てます。
薬味の「白ゴマ」「ゆずこしょう」「大根おろし」はお好みで。

〆は「ラーメン」!

       ⇒ おひとり3,180 円(税込)

コース内容

■先付け
■本日のお造り盛り合わせ
■三元豚のしゃぶしゃぶ
■〆の麺(ラーメン)

Copyright(c)YUSHOKUYA All rights reserved.